アラサー元腐女子の恋愛奮闘記

恋愛奮闘と言う割には生きることそのものに奮闘している。

なぜまだ切れていないのかと言うと

そう、あんなに清々しく「もうやめたぜ!イェ~イ!」系の記事を書いたというのに何となくグダっているのかというと、彼と私は共通のコミュニティがある。

 

典型的なパターンだ。

 

「もうやめた!」とぶっちぎる

何となく疎遠になる

友達っぽい雰囲気になり

お?良いぞ良いぞ?このままフェードアウトだ!

同じコミュニティの人から2人を絡めての招集がかかる

行動パターンが同じなので、うっかり2人きりの時間ができる

何となく触れ合ってしまって振り出しに戻る

 

コレを3回繰り返した私の労力…。

訳あってすぐにコミュニティを抜けられる状況でもないし、気まずくなりたいわけでもない。

 

「友達に戻ろう」というお寒いセリフは、結構マジメに言っているのだが、自称本能に弱いで全てを乗り切る彼には全く効果がない。

 

あぁ…不毛。

もう拒むことが不毛。

 

物理的に何とかならな限り、何の意味もない。

 

私は信心深いたちなので、いつか罰が当たるんだと戦々恐々しながら彼とクソみたいな関係を続けている。

 

何で私が神に日々懺悔しなければいけないのだ…。

彼が祈るならまだしも…

 

先が見えているから我慢できるということもある。

我慢ってお前…

 

我慢して会っているのか…

いや、好きではある。好きではあるのだ。

 

好きなのかなぁ。

 

時間の無駄が嫌いな私はどこへ行ってしまったのだろう。

これがあんなに好きだった人への想いの終わりかと思うと、非常に悲しいものがある。

 

彼が家にいる違和感。

私の好きな場所に一緒にいることへの違和感が悲しい。

 

私のものではないのだなと、彼が私のテリトリーに入る実感を得る度に思ってしまった。

 

私の身内じゃないくせにココに居る彼は、異分子だ。

 

早く自分の家に帰ってほしい。

その夜はどう反芻しても、何となく疲弊しただけだった。

 

でもこんな思いももう少しだ。

時間と距離が何とかしてくれるのを、ただ吸い取られながら待っていよう。

愛情の搾取というパンチの聞いた言葉

彼と私の関係を見たときに、みんなが口をそろえて言う「愛情の搾取」。

何だかとんでもない大罪のようだなぁ。

 

私は彼のことはあまり好きではない。

好きではないというか、好きでいることを諦めた。

 

一生契約でしばりつけてやりたいと思うくらいには好きなのだが、そうはならないし、彼が望んでいないのならば交渉決裂。

一緒にいる意味はない。

 

私たちの関係に先はない。

 

だが、嫌いな要素が積み重なって彼を好きじゃなくなったわけではない。

一緒にいたいと言われれば嬉しいし、そもそも気が合うのだから話していて楽しい。

 

浮気相手・セフレ

 

私たちの関係をくくる言葉はあるが、徐々に変化していくであろうこの関係は何か、名前を付けたくないと思っている自分もいる。

 

もっと高尚なものでありたいと思っているのかも知れないが、私が彼に愛情を与えたいと思わなくなった時点で高尚もクソもない。

 

搾取される、というと私が被害者のようだが、搾取されることを良しとしている時点で私も彼とは同罪である。

 

私がキチンと意思表示をしなければならないのだろうとは思うのだが、何だか面倒くさい…というのが本音だ。

 

キチンとした関係でない私たちは、きっとグダグダしながら疎遠になっていくのだろう。むしろそれが良い。

 

気力体力を使って彼を遠ざけるのは、ちょっとくたびれてしまって、彼が飽きるまでもう好きにしたら良いと思ってしまう。

 

早く飽きてくれないかな…

早く忘れてくれないかな…

早く物理的に離れてくれないかなと…

 

好きだった人に空しい祈りを捧げる自分もまた空しい。

 

ここで「あんた私の何なのよ!」と怒れれば良いのだが、そうまでする愛情もない。

 

あーあ、この人何で面倒な思いして浮気してんのかなぁ

何が楽しいのかなぁ

 

この人は私の愛情にあぐらかいてるんだろうな~と思いながらも、もう面倒だから、好きにしてくれ…

 

でも、世間的には私は浮気相手だしセフレだし、了承してる時点でダメなんだろうなぁ…。

早く新しい浮気相手見つけてくんないかな…

面倒だなぁ。

 

せめて私が望んで彼と関係を持ってれば良いのにな、と思いつつ。

もうしばらくは無気力に愛を吸われていくのだろう。

つまんないな~!と思うともうお終い

私はゲッターズ飯田の占いだと、銀のイルカである。

 

引用:楽しくないと努力しないところがありますが、ゲームだと思うことであらゆることを乗り切れます。

https://sp.gettersiida.net/article/gettersiida/goseisanshin/1410/

 

そう、楽しくないと意味がない。

好きにさせてくれないと苦痛。

私は自分に重しは課せられないし、好きにしなと言われると本当に好きにするのだ。

 

楽しければやる

楽しくなければやらない

 

好きな人のためならやる

嫌いなヤツには笑顔も向けられない

 

中学時代、塾の英語の先生と学校の英語担当の先生が大好きで、常に学年TOP5に入っていた。

しかし、高校に入り塾を辞めた途端に英語の成績はガタ落ち。

元々得意な国語と、これまた先生が好きだった&元から好きな日本史のみが突出して得意な教科となった。

 

それくらい極端に人の好き嫌いと、対象物の好き嫌いが効いてくる。

 

嫌いな上司に「目標は自分で決めて、好きにやれ」と言われれば、コイツに協力する義理はないしそこまでガンガン働きたいかと言われると全然そんなことはないので

 

「じゃあやらない♪」

 

という大人げない思考回路になるのである。

 

でもやらないと怒るんだから「最低ここまでやれよ!」って出してくれれば良いのになぁ~

 

私は出来る子なので、やれと言われたことはやる。

多少無理があってもやる。

 

嫌いなヤツが出してきた課題でも、嫌いなヤツが相手だからこそソコソコのクオリティで中々のスピードでやる。

 

好きな人が「自由にやって良いよ!」と言うなら、「もっと好きになって欲しい~~♡♡♡♡♡」と自発的に全力で130%くらいの結果を出す。

 

好きな人につまんないことやらされても「つまんないけどこの人がやってって言ってる…><!くぅ!好き!」で乗り越えられる。

 

嫌いなヤツにつまんなことさせられるのが最も苦痛だ。

この状況は時間が経てば何とかなるのだろうか。

 

というか、私のこの性質は何とかなるのだろうか?笑

 

どうしたもんかな~と、悩ましい春の夜である。

イマここに居る意味なんてあるのか?を考える

「ココに居たいと自分が望んでいるからいる」

くらいしか思い浮かばない。

 

学生じゃないので、ココにいたければいれば良いし、いたくなければ去れば良い。

それくらいしか思い浮かばない。

 

私の今の状況は全体的に最悪である。

 

仕事場の上司とソリが合わない。

この間爆発してほぼ冷戦状態だ。

 

浮気の彼は、せっかく捕まえた日常の刺激を手放したくないのか、グダグダと連絡を取っている。

コチラはそろそろ飽きてくれた気配はあるが、先のない関係で私に何のメリットもない時間を過ごすこの無駄さよ…。

 

でも拒否したところで、既に3・4回ゴチャゴチャやっているのでもう飽きてくれるのを待つしかない。

 

みんな好きにしたら良いんだ。

私はもう疲れてしまった。

 

話すのも面倒くさい

分かりあおうとするのも面倒くさい

 

今、なぜ私はここに居るんだろうと、仕事中もプライベートもぼんやり考える。

 

仕事は辞める。

何度転職しようが何年いようが関係ない、何でもいい。

 

というか転職…うぅん…

 

プライベートに置いてはもう、何でココにいるんだろうと常に考えている。

私はこの人の何でもないし、この人も私の何でもないし。

 

なぜコレに私は振り回されているんだろう。

断るのが面倒くさいからなんだが…。

 

面倒くさいんだ、誰を拒否するのは受け入れるより面倒くさい。

 

彼だって「なぜ俺は…?」と思わないのか?

思わないか…彼的には浮気相手としては最適だもんなぁ…

 

ちょっと私が辟易してるの察して新しい浮気相手探してくんねーかなもう

ホントに面倒くさい。

 

みんな私の人生の時間を奪っている自覚を持って欲しい。

 

疲れた、疲れた、あ~あ

30歳の孤独

今の家に引っ越して、精神的にも経済的も落ち着いてから、孤独を噛みしめる機会が増えた。

 

この孤独の輪郭がはっきりしてきたのは、去年元彼に「結婚した」と聞いた時からなのだが

 

私と一生を共にしない、私の好きだった人たちは今、私の知らない女がいる家で早めの晩酌をしながら他愛のない話をしたり、喧嘩して気まずい思いをしていたり、どちらかは出かけてしまっていて片方は何となくテレビをつけながら適当に昼の残りでご飯を済ませているのかも知れない。

 

でも、誰かは家に帰ってくる。

 

他人と生きることによって課せられる不自由が、今は少し羨ましい。

 

私は彼の恋人ではなくて、家族になりたかったなと思う。

 

でも、彼は家族を望まないし、ハッキリした契約はなくとも家族となった人がいる。

 

寂しいな、と、素直にそう思う。

きっとこんな時に結婚したいなって思うんだろうな。

 

私には仲の良い家族がいる

信頼できる友人がいる

 

でも私の家には私しかいない。

 

猫でも買おうかなとか、思うけど、私の孤独を癒すために一方的に寂しい思いをさせる動物を手元に置くのは、寂しさを噛み締めている今は出来そうもない。

 

今日も早めにお酒を飲んで寝ようかな

 

家庭に片足突っ込んだ男を好きでいられる訳がない

私の中では家族が非常に大事な存在だ。
恋愛友情とわず、付き合う人の判断基準TOP3に「家族仲が良いか」が入ってくる。


いつも蟹座だから家が大事なのかな…で済ませているのだが、 私の価値観のベースが家族と過ごした日々に基づいているので、 そこから離れた人とはそもそもの価値観が合わないのだろうと推測する。


最初に浮気相手に対して「あ、終わったな」と思ったのは「彼女とはそういう雰囲気じゃない。空気のようなもの、 もはや家族だ」と言われたときだった。


浮気する人のお決まりのセリフではあるのだが、 私はよっぽどでなければ「家族」という単語で表現しない。

 

例え話でも、家族のようなもの、という表現は出てこない。


20年付き合っている幼馴染にも、 1週間2人で過ごせる10年来の友人にも、 家族は当てはまらない。


第2の家族のようなもの、だけど、他人だ。


彼はあまり家族仲が良くないというが、大学まで出してもらって、 幼少期の病弱だった頃の思い出があって、 兄弟とのエピソードもある。


私の中では立派な幸せ家族が思い描けてしまう。

 

当人としてはそういう事実があるだけで、実際の関係は全然冷え切ったものなのかも知れない。


だが、私の想像はそこに及ばない。

想像ができない。


私には怒られてもケンカしても互いをブスだのデブだの言いあって も、仲が良い両親と姉妹しかいないからだ。


彼と彼女の関係だって分からない。


分からないが、私の価値観で言えば「家族」 と言える彼女の存在は非常に大切なものだ。


だって血のつながりもない、 一緒に過ごした時間は人生のたった数年の人に、 家族だと言えるのだ。


私は他人が家にいるのが好きじゃない。

彼もそう言うが、他人が自分の空間にいるのが苦手な人間がプライベートな空間が一切ない場所で何年も一緒に住めるのだ。

 

それなできるなんて、何よりも尊い存在なのではないかと思う。


だから、彼が「惰性で付き合っているが彼女とは別れられない」 と言ったときに、家のこともあるだろうし情もある、 私に乗り換える程の決意をさせる力がなかったのだ、 と思うより先に


それは大切にすべき確固たる存在だと彼の中で決まっていると考え た。


私の価値観なら、そうだからだ。


次に「あ、終わったな」と思ったのは、 彼が彼女と一緒に引越しをしたタイミングだった。


彼女の家族が引越しを手伝いにきた

と聞いた時、それはもう、本物の家族だなぁと思った。


私はよっぽどの覚悟がないと自分の家族には会わせない。


顔を知ったところで無駄だからだ。


自分の家族にも付き合う人にも、 無駄な人間関係を構築させるのも申し訳ないし、 意味のないことはしたくない。


私の大事な家族に会わせるのは、こうと決めた人だけだ。 


私の家族が会いたいのも、きっとそういう人だ。


分かっているから、 私の価値観では例え人手が欲しくても費用を節約したくても、引っ越し終わりに家族と彼氏と全員でご飯を食べたりしない。


そんな覚悟がない段階なら手伝いを頼まず金を出す。


「娘と一緒に住む人」 として顔を合わせている親御さんの気持ちや、「お姉ちゃんの彼氏」として彼に会う兄弟の気持ちを思うと、 彼が何と言おうと彼女と彼女の家族の存在を無視してこの関係を続けることはできなかった。


彼にとってこ、彼女の親と会うのがどういう重み があるのかは分からない。

 

彼女にとっても、結婚する前に一緒に住んでいる、 何年も付き合っている彼氏を親に会わせることは、 もしかしたら大したことではないのかも知れない。


でも、私にとってはそれはとても大切な、 踏み込むには覚悟がいる家庭の領域の話なのだ。


冷静を積み重ねてきたものの、 その話を聞いた途端にサーっと冷めていく自分を感じて、 やっぱり距離は離れても家族は私にとって何よりも比重の大きな存在なのだと再認識した。

 

こんな所で確認するとは思っていなかったが笑

 

調度良い機会だ。

彼の臭いが苦痛に感じるようになった時点で、もう潮時だったのだろう。

 

結婚したら良いと発破をかけたものの、実際に報告されたりしたら凹みそうだから、また何とかフェードアウトを試みてみることとする。

 

もうすぐ新しい年度が始まる。

 

 

浮気相手は終わっていたのだろう

何でもかんでも意味があることだらけだとは思わないけど、「 コレなんの意味があんの?」 って思いながらする作業ほど無駄なものはないわけですよ。


ええ、私と浮気男の話なのだが。


一度「よっしゃー!止めたるでぇ!!」 と勢いよく浮気男の連絡先を消した日から、 私の中ではやはり1度死んだ関係だったのだと実感する日々である。


あぁ寂しい死んでしまう…と思っていたのはあの一瞬だけで、 彼が変わらずイチャイチャした内容のメッセージを送ってきたり会いたい会いたいと言われるたびに


『でもこの人、私と一緒になる気ないんだよなぁ』


と、繰り返し冷静な気持ちになる。


冷静な気持ちがサラサラの布を重ねるみたいに積み重なる。


熱いセリフをもらう度にそれは増えていき、 結構な厚みを持ち始める。


そして、あんなに好きだった彼の体臭・口臭が気になり始める。


別に臭いとかではないのだ。


この人病気!?みたいな臭さではないし、 むしろ一般的な30代男性の中なら良い匂いだし、 自前の体臭以外にもボディクリームやハンドクリームなどの香りに は気を遣っている人だ。


なのだが、気になる。


「あ、人の臭いがする」と思ってしまう。


人の、というか、自分以外の他人の臭いがする。


「好き!」と思っていた頃は、 その臭いを自分に付けたくて名残がほしくて、 全身で彼の臭いをつけていたのだが

 

今は家に帰って彼の臭いがすると「 わ、他人の臭いが家の中に」と思ってしまう。


髪に残った彼の臭いを電車で嗅いでいた私はどこへ行ってしまった んだ。


何度か「家に行ってみたい」と打診があったが、 何かにつけて無視したり断ったりを繰り返した。


は?ラブホ代けちってんじゃねぇ
便利に使うならせめて5,6000円くらい出せや


無料のお手軽ヘルスじゃねーんだよ

 

と、結構ひどいことが浮かんでしまう。


私にとって家は安らぐ場所である。
親しい友人や家族しか上げないし泊めない。


この安らぎの場で好きかどうかも分からなくなりかけている男に気を遣ってセックスするなんて、 なぜ私の城でそんな悲しい行為をせねばならぬのだ…。


ちょっと下ネタ系の話題を振られても、前なら「キャッやだー// /」となっていたのだが、「ハイハイ分かった分かった」 と思いながら、真顔で「キャッ///」 というテンションの返信を書く。


何言ってんだヤリ目が。

早く代わり見つけてくれや~

もう面倒くさい~
友達じゃあかんのか~
下ネタイチャイチャ以外だって私たち楽しくやってるじゃん


そんな思いが気持ちを占めてきて、甘い会話が業務になり、「 わしゃチャットレディ― かい」みたいな感想が度々浮かび上がるこの状況は、 果たして健全なんだろうか。


否。


決して健全な状況とは言えない。


このやり取りに意味はあるのか?
楽しいのか?
楽しいっちゃ楽しいのだが、 1日中つながっている程のことなのか。


友達とはどうでも良い話でつながっていられるのだが、 この人と私は一体何なんだろう。


今こうして関わっているのは苦痛なのだろうか?


私は楽しいんだろうか??


自分の気持ちもよく分からないし、 この人の気持ちを知りたいとも思わないし、 大事にしてあげたいとも思わなくなった。


ただ『これに何か意味はあるのだろうか?』 という疑問を抱いている段階で、 もう私たちの間にあるものには何の意味もない。


会いたいと言われると面倒くさい


2人で会おうと言われると「何話そう、 気まずいな」と思ってしまう。


2時間でも30分でも、コンビニに行く往復の時間だけでも、 ちょっとでも一緒にいたいと思っていた気持ちはどこへ行ってしま ったんだろうか。


私が好きな恋愛系ブログの方だかツイッターの方だか記憶が曖昧な のだが「キモイ」と思われたらお終いだと言っていた。


「無」はまだ良い。
女は「キモイ」と思ったらもうお終いなのだ。


その言葉が身に染みる。


「何でこの人はこの非生産的な関係に固執しているのだろう」


「ただの賑やかし要員の女にこんなロマンチックなこと言って、 プライドはないんだろうか」


「どんだけヤりてーんだ。気持ち悪いな」


「30過ぎてコレは… もっとオッサンになってからも若い子にこういう事送るのかな…」


キモイ


そう、私の天秤は「好き」から「無」を通り越して「キモイ」 に傾いてしまったのだ。

 

悲しい。

一度死んだ好きな人を蘇生させたけど、やっぱ何か違った、みたいな悲しさ虚しさである。